屋根リフォーム・外壁リフォームならファインスチール
HOME 新築・リフォームをお考えの皆様へ 工務店の皆様へ 設計事務所の皆様へ


敷地面積6,000m²・延床面積14,935m²、外装材にガルバリウム鋼板を使用したS造・地上5階建ての体験型商業施設「キッザニア甲子園」は、2009年3月27日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場に隣接する大規模ショッピングセンター「ららぽーと甲子園」の敷地内にオープンした。 楽しく遊びながら行なう職業・社会体験(アクティビティ)を通じて、こどもたちに「学び」や「気づき」などを感じ取ってもらうことを目的とした“エデュテインメントタウン”で、3歳から15歳を対象に、平日・休日ともに1部(9時〜15時の6時間)、2部(16時〜21時の5時間)の1日2回の完全入替え制を敷いている。
キッザニア甲子園の施設内容は、キッザニア東京とほぼ同規模ながら、マヨネーズ工場、すし屋、ホテル、電車、自動車工場など12業態が新たに出展し、パビリオン数は約60にのぼる。吹抜けのある2層の屋内空間に実物の約3分の2のスケールで街並みを再現し、こどもたちはさまざまなアクティビティ(90種類以上)を体験することで専用通貨「キッゾ」による報酬が得られたり、それを銀行に預金をしたり、サービスを受ける際の支払いに使用することができる

キッザニアは、遊びの中から社会のルールやマナー、経済のしくみ、将来の可能性を学んでいくことができる、仕事体験をベースとした社会学習の場として保護者の高い信頼を得ている。こどもたちがさまざまな仕事の社会的役割を理解したり、働くことの楽しさ・厳しさを学んだり、自立性や社会性、経済のしくみを養ったりすることができる「キッザニア」の今後の展開が注目される。

※エデュケーション(学び)と、エンターテインメント(楽しさ)を組み合わせた造語です。

★画像をクリックすると拡大します。