屋根リフォーム・外壁リフォームならファインスチール
HOME 新築・リフォームをお考えの皆様へ 工務店の皆様へ 設計事務所の皆様へ
工務店の皆様へ

不燃・防火性能について

ファインスチールは一定の規格に基づき、めっき・塗装されたものは国土交通省より不燃材料として認定を受けています。
ファインスチールでつくった屋根(防火構造)は一体構造で火粉侵入の隙間がなく、類焼の危険性が少ないという特長があります。
ファインスチールとは
不燃・防火性能

国土交通大臣の認める防火材料としては、防火性能の度合いにより次の5種類に分けられています。

  1. @不燃材料
  2. A準不燃材料
  3. B難燃材料
  4. C屋根不燃材料
  5. D準難燃材料

ファインスチールは、鉄鋼材料ですから、不燃材料で法規にも定義付けられており、一般社団法人日本鉄鋼連盟が国土交通大臣から不燃材料として認定を得ております。その認定番号は、不燃材料NM-8697(品目名:塗装/亜鉛めっき鋼板)であり、認定要領に従い、製品を梱包あるいは包装に認定表示がされております。その他個別認定を受けた特殊な化粧鋼板などもあります。
 
ファインスチールは、燃えることはなく、炎を防ぎ、火災から人命や建物などを保護しますので、他の色々な材料と組合せて、耐火構造や防火構造などとして大いに利用できる材料です。

■不燃材認定表示
不燃材認定表示
空白
防火性能についての品質管理
(一般社団法人 日本鉄鋼連盟のWEBサイト)