屋根リフォーム・外壁リフォームならファインスチール
HOME 新築・リフォームをお考えの皆様へ 工務店の皆様へ 設計事務所の皆様へ

断熱性の比較

ファインスチール屋根の屋根材表面・野地板・小屋裏それぞれの温度は、新生瓦屋根とほぼ同程度です。(下の実験結果より)。。
材料の性質上は、ファインスチール屋根の方が新生瓦屋根より高温になるはずですが、屋根は軒先から棟までの空気層が通気層として煙突効果が働くため、熱気が排出され、高温となりません。





■ 試験結果


測定位置 試験体
ファインスチール屋根 新生瓦屋根
周囲空気 31.1 ℃ 30.7 ℃
屋根葺き材表面 1 58.1 ℃ 53.3 ℃
2 55.9 ℃ 63.0 ℃
3 58.7 ℃ 61.8 ℃
4 63.9 ℃ 64.4 ℃
5 54.9 ℃ 62.7 ℃
6 59.2 ℃ 60.7 ℃
7 55.5 ℃ 58.4 ℃
8 57.4 ℃ 56.8 ℃
9 46.1 ℃ 53.3 ℃
10 57.9 ℃ 52.6 ℃
11 46.1 ℃ 47.8 ℃
棟包み表面 12 57.5 ℃  
空気層内空気 13 58.6 ℃
14 57.9 ℃
15 41.5 ℃
棟包み表面 16 53.1 ℃
アスファルトフェルト野地板間 17 50.6 ℃ 54.0 ℃
18 50.3 ℃ 55.6 ℃
19 42.9 ℃ 45.1 ℃
野地板小屋裏側 20 43.3 ℃ 45.9 ℃
21 42.6 ℃ 45.2 ℃
22 38.7 ℃ 39.8 ℃
小屋裏側表面 23 39.2 ℃ 39.6 ℃
24 34.3 ℃ 34.2 ℃
25 33.8 ℃ 33.8 ℃
軒先付近の空気 26 31.1 ℃ -